B'z FAN PAGE 松本君と稲葉君


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかほんとにやるとは

 数日前から噂に上っていた、B'zの札幌路上ライブ。なにせ1公演に7万人を動員する人たちです。そんなことをしようもんならたちまち大パニックが起こり、ヒロミ・ゴーの渋谷ゲリラライブどころではないでしょうから、まさか本当にはやらんだろう、と高を括っていましたが、本当にあの人たちはやってしまいました。話によると新曲「juice」をはじめ、数曲が披露されたそうで、行けた人にはタダでそれが見れるという(多少デンジャラスながら)大変オイシイものだったようです(うちの掲示板では混乱を避けるため情報規制をかけてしまいました)。

 しかし、後になって思うと、(あくまで推測ですが)これは巧妙に仕組まれたPV録り用のエキストラ集めだったんでしょうね。ライブ仕立ての観客入りのPVを撮ろうという企画が立つとします。すると観客を集めなくてはなりません。極秘で、金をかけず、しかもある程度の人数を集めるなら、当日いきなり発表して集めてしまうのが一番てっとり早い。集まって来るのは本当のファンでしょうから、エキストラを雇うより金もかからず、リアクションもリアルなものが得られます。現に、厳重な交通規制や警備体制が予め万全であったり、なによりラジオで開催場所まで詳しく教えているのだから、B'z側であらかじめ周到な計画なもとに行われたゲリライベントと考えていいでしょう。

 「なぜ札幌ばかりなのか」とか、「またファンクラブ会員にさえ教えてくれなかった」とか非難の声が上がるのでしょうが、企画側としてはこれが一番いい方法だったと思います。情報源が非常に限られていたにも関わらず3000人も集まり、大した問題も起こさずに収録を完了したわけですから大成功です。しかも開催場所が北海道だったから良かったのであって、これを関東近郊で開催したりしたもんならハンパじゃない人数が集まってパニック必至だったでしょう。また、ファンクラブ等で公募したとするなら膨大な応募があるでしょうし、それを事務処理するとなるとかなりな負担な上、企画自体がバレてしまいます。ナイショで、いきなりやらなければ意味がないですから。

 正直「観たかった」という気持ちはありますけれど、こればっかりはしょうがありません。大人しくビデオクリップの完成を待つ事にします。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。