B'z FAN PAGE 松本君と稲葉君


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25曲連続1位記録に思う

 「juice」でシングル25作連続初登場1位だそうです。記録云々にはあまりこだわらないけども、「結果として」記録が達成されたのであれば、ファンとして素直に喜びたいと思います。ワタシがB'zファンになったのがちょうど1990年の「Easy Come,Easy Go!」の時。その1作前の「太陽のKomachi-Angel」から現在までの約10年間、B'zの勢いは衰えなかったわけで、考えてみればすごいことです。

 新聞やテレビなどのマスコミは相変わらずこの記録について好き勝手なことやとんちんかんなことを言っているようですが、B'zのこの人気はもはやブームとかそんなものではないと思います。B'zのやっている音楽は明らかに一般的に流行ってないジャンルだし、B'z自身のメディアへの露出も極めて少なく、とてもお茶の間へ食い込んでいくタイプではないです。そんな土壌の上ながらここまでの記録が達成できたのは、カラオケで歌うために聴いておこうとか、流行っているから聴かなきゃ話題に遅れる的なミーハーで刹那的なリスナーに加えて、10年間でB'zが獲得してきた、「本当に根っからB'zの事が好きな人」が圧倒的に多いからなんだろうなぁと思います。B'zがその売上に対してびっくりするほど認知度が低かったり、B'zの曲が発売直後に怒濤のごとく売れまくり、あとは一直線にチャートから急降下していく傾向にあるのも、コアなファンの割合が多いからでしょう。

 でもまぁ、これでとりあえずB'zさん(ていうより事務所さん)はプレッシャーはなくなったんじゃないでしょうか?あったとも思えないですけど。二人にはこれからはマイペースでのびのび好きなようにやっていってもらえればワタシはいいです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。