B'z FAN PAGE 松本君と稲葉君


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求道者の神髄を見た

 先日某サイトのオフ会に参加させて頂いたのですが、その前に当サイトで知り合った友人のP氏の伝手で、ワタシもその内容の濃さに感服していた某大手エアロスミスサイトの管理人さんとお会いする事が出来ました。エアロスミスと言えばB'zのリスペクトアーティストとしても知られる、あまりにも有名なバンドですが、生粋のエアロスミスファン(というか洋楽ファン)の方々にはとある理由でB'zは疎まれている場合もあったりするので、最初はちょっとドキドキしてしまいました。その管理人さんは我々よりも年上で、見た所普通の中間管理職をしていそうな風貌の方でしたが、一緒にいらっしゃっていたこれもまた相当のエアロファンの方と会話を始めた瞬間、あまりのマニアックさに言葉を失ってしまいました。とにかくエアロスミスに関する知識と情報が完璧に頭にインプットされているのです。これにはかなりのエアロファンであるはずであったP氏ともども思わず「はぁ…」と相槌を打つほかありませんでした。同時に道を極めると言う事、神の領域というのはこういう事なのか、と思い知らされたわけです。上には上がいるものです。ワタシなんぞ全然半端者です。ワタシのホームページなんぞ、屁みたいなものです。でも、打ちひしがれたというよりは、「自分のサイトも頑張ってより素晴らしいものにしていきたい」という情熱のようなものが湧いて来たのも事実です。

 ところでその方達と西新宿のコレクターズディスクショップを巡っていた時、あのB'zのファーストアルバム「B'z」のアナログ盤を発見しました。初めて見るB'zのアナログ盤の大きなジャケットに感動。でも、お値段は5万円でした…。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。