B'z FAN PAGE 松本君と稲葉君


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出荷1000万枚突破

 ORANGE RANGEが10月12日に発売した3rdアルバム「ИATURAL」が出荷130万枚を記録し、シングル12作品、アルバム3作品の売り上げ出荷枚数合計が、1,000万枚を突破したそうです。デビューわずか2年4ヶ月で達成とのこと。それについて発売元のソニー・ミュージック関係者が「88年デビューのB'zがデビュー2年で1,000万枚突破を成し遂げているが、それ以来の快挙。」と語っているらしいのですが…。

 B'zがデビュー2年で1,000万枚突破?これは本当ですか?どうもおかしいような…?B'zデビューは1988年の9月21日。初のミリオン突破アルバム「RISKY」の発売は1990年11月ですから、デビュー2年後にはまだリリースされてないはずです。シングル・アルバム・ミニアルバムトータルでも半分の500万枚くらいしか売れてないと思うんですが…、それとも出荷は1,000万超えてたって話でしょうか。「RISKY」入れれば、出荷枚数だったら1,000万いってるような気もしますね。発言の基準が良くわからないです。どっちにしろ、B'zはデビュー後しばらく全く売れない時期があったわけですし、トータルで売上記録がとてつもない事になってるのも、何でも売れるCDバブル真っ最中に全盛期だったというタイミングもあるので、スタートダッシュの速さとこの御時世でコンスタントに高水準な枚数が出てるっていう点では、どっちかというとORANGE RANGEの方が勢いがあるような気がしますね。「勢い」は。

 ちなみにこのORANGE RANGEの「ИATURAL」は、オリコンウィークリーチャートの売上結果だと初登場1位で510,473枚。大々的に発表された出荷枚数に対して半分も売れてない事になります。この数字だとORANGE RANGE的には絶好調どころか前作や全週のサザンとかに比べてもめちゃくちゃ勢いが下がってるような気もするんですけど…。それとも売上枚数は出荷枚数の半分以下ってのが相場なんですか?うーん、素人にはわかりません。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。